Better late than never

ダラダラした社会人生活を抜け出して、TESOL留学に向けて踏み出した人が、石橋を叩いて叩いて留学を実現するまでの話です。なかなかに優柔不断なので、ちょこちょこ決意が変わりますw

一筋の光その2

前回の日記でも書いたように、クローン病で症状も落ち着いてないのに留学しようとしているワタクシに一筋の光が差し込みました。

 

それがヒュムラ。レミケードの代わりになるもので自己注射も可能という素晴らしいシロモノ。で、期待を胸に主治医に相談してきてきました♪

 

主治医の回答。

「分からん」

 

………。ま、そうだよね。。。

俺にヒュムラを処方してくれとは言い難かったので半ば誘導のようなカタチでヒュムラの話に持っていったんだけど、内服薬は留学先に持って行けるとして、パッと見注射器のヒュムラをしかも大量に持ち込むのは大丈夫なんだろうか…と。先生の回答は上記のような内容だったわけです。

先生のほうでも調べてくれるとは言ってくれたのでとりあえず結論は保留ですが、どうなることやら。