Better late than never

ダラダラした社会人生活を抜け出して、TESOL留学に向けて踏み出した人が、石橋を叩いて叩いて留学を実現するまでの話です。なかなかに優柔不断なので、ちょこちょこ決意が変わりますw

次回IELTSに向けて

前回のIELTSで露呈したSpeakingのweak point。

 

「文法」

 

よく考えれば間違えるはずのない三単現のsや、単数複数の使い分けなんかをスピーキングのときは普通に間違える。たぶん単純に内容を考えることに頭が一杯で細かい文法まで気にしている余裕がないのだろう。

ある程度、話す内容はまともになってきたと思うので、より精度を上げていくために必要となるのは文法だ。

James(英会話でずーっと僕のIELTS対策をやってくれている先生)がアドバイスしてくれた音読をひたすらやってみようと思います。