Better late than never

ダラダラした社会人生活を抜け出して、TESOL留学に向けて踏み出した人が、石橋を叩いて叩いて留学を実現するまでの話です。なかなかに優柔不断なので、ちょこちょこ決意が変わりますw

ということで、改めて今後の目標

ブログを移転したので、改めて目標を書きます。

 

●TESOL留学を実現させる

TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)要するに、「英語が母国語じゃない人に英語を教える方法」を学ぶ学問です。僕は大学時代の専攻が英語教授法なので、かなり近いんです。実際は大学でちゃんと勉強しなかったので(^o^;)、かじった程度しかやっていないんですが、より実践に近いことをやりたい!という想いでTESOL留学の計画に踏み切ったわけです。

 

ちなみに、費用面、期間面、留学で実現したい事など、色々考えてみた結果、今現在は↓のような感じで優先順位をつけてます。

  1. TESOL Master取得。やっぱり学歴として認められないとね‥
  2. 費用は出来るかぎり安く。滞在費込みで500万以内に抑えたい
  3. 国はアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアどこでもOK
  4. 期間は長ければ長いほど良いが、そこまで贅沢は言わない

最初の事はUCLAのTESOLコースも考えてたんだけど、これはCertificate(修了証)で、学歴としては認めてもらえません。また、単純な語学留学もお金はMA取得の留学と同程度かかるので、それであればギリギリまで自分を追い込もうと決めました。

 

そのための壁は以下の通り。

  • 英語力(TOEFL iBT61~ もしくはIELTS6.5以上)
  • 貯金(ある程度は親からの援助を貰えるとしても最低でも300万)
  • 帰国後の進路を固める
  • 留学を乗り越えられる体力的な資本を蓄える(持病持ちなんで…)

いざ、整理してみると壁は多い。ま、壁多いから諦めるか?って言うと絶対諦めたくないし、妥協したくないので、死ぬ気でやってみたいと思っています。

まずは、英語力。そして、学校選びだな。。。