Better late than never

ダラダラした社会人生活を抜け出して、TESOL留学に向けて踏み出した人が、石橋を叩いて叩いて留学を実現するまでの話です。なかなかに優柔不断なので、ちょこちょこ決意が変わりますw

NHS専門医との面談からステロイド服用決定まで

ついに行って来ました。消火器専門医との面談!

本当は先週の木曜日にアポだったはずが、先方の都合でリスケになり、今週に振り替えになっちゃったわけです(病院のスケジュール、先生の都合でリスケって日本だとちょっと考えにくいですよね…まーそういう雑な感じというか何事も自分優先な感じはもう慣れましたw)

3ヶ月近く待った念願のアポなので、毎週木曜日は実は講義が入っていたのですが「休みます」と連絡を入れて病院へ。イギリスらしい歴史ある(ボロい)建物でした。

増築を繰り返しているっぽく中は迷路のようになっていたので、半分迷子になりながら、Digestive disease(消火器疾患)の受付へ。待ってましたとばかりに看護師さんが声をかけてくれて、体重を測った後、個室へ案内されました。

ちなみにクローン病患者の気がかり、体重は55kg。日本にいたときは57kg前後だったので、2kgくらい痩せたかな。まーそこまで劇的な減少じゃないのでOKでしょう、たぶん。

 

そして通された個室では超美人な女性が待ち受けてました。めっちゃテンションあがりましたが、この人に肛門触診とかされたくないなーと咄嗟に思いました(まー結局痔の話はしませんでしたが…)

話をしてみるとどうやらその女性、看護師さんのようでDoctorではないそう。Appintment letterにはDrの名前も書いてあったんだけど、まず今日は問診して、その内容を基に医師と相談して治療方針を決めるって感じみたいです。

話は基本情報から。いつなったのか?今の症状は?熱はあるか?便の回数は?日本にいたときのレミケードの頻度は?今飲んでる薬は?などなど。質問攻めでした。ところどころ専門用語らしきものが入ってきて??というところもありましたが、なんとか説明はできたはず。

で、レミケードはどうなったのか?これは大体予想はできていたものの、やはりイギリスでも詳しく検査してみてからでないとレミケード投与可能かどうかの判断は難しいとのこと。ただ、今の症状も結構辛いと思うのでまずはSteroidを初めてみたらどうか?という話に。

 

えーえー、もちろん聞いたことありますとも、ステロイド。ただ、まさかこういう展開になるとは思わなかった。日本にいたころはステロイドには手を出してないんですが、イギリスで初体験することになるとは…。ステロイドに関する知識は「めっちゃ効くけど、相応の副作用もある」くらいしか持っていなかったので副作用のこと聞かないと…と思いながら、動揺していたからか、出た言葉は…”Steroid is danger?” もうお前何ヶ月イギリスにいるんだよ、って感じでした。

 

その後、細かく副作用に関して説明してくれましたが、まずは症状をコントロールするためにもステロイドを使ったほうが良いと思う、とのこと。まー確かにこれからまた更に忙しくなるし、症状はまじで落ち着いてほしい。。。でも、ステロイドにはやっぱりちょっと抵抗がある…。といろいろ思案すること数分。まずは8週間やってみよう、ということで決心し、処方箋を受け取り、プレドニゾロンとカルシウム(副作用が骨に出るらしく、それを予防するために必要らしい)を薬局でもらってきました。

 

服用は明日の朝から。レミケード初体験のときのようななんとも言えない不安な感じです。もし見てくれた人でステロイド経験者がいらっしゃればお話伺いたいなー、コメント欄でもTwitterへのリプライでもOKなので、アドバイス・応援いただけると嬉しいです。