Better late than never

ダラダラした社会人生活を抜け出して、TESOL留学に向けて踏み出した人が、石橋を叩いて叩いて留学を実現するまでの話です。なかなかに優柔不断なので、ちょこちょこ決意が変わりますw

痔に悩まされた2週間

2週間、壮絶な痔との戦いでした。

 

始まりはしっかりとは覚えてませんが、腹の調子は割りと良く、ある程度管理できていると思ってました。突然、恐ろしい倦怠感が襲ってきて、何もしたくなくなり、そして何もできなくなりました。

 

今回は腹痛というより肛門周辺の痛み、前回(2年くらい前)に救急車で運ばれて入院することになったのも直腸下血からだったので、「イギリスで下血はマズい」と思い、即座に断食を決意。結果ほぼ4日間ほど絶食しました。

 

とにかく排便時の痛みが半端じゃない。普段は調子が悪くなると寒気との戦いなんですが、今回はとにかく滝汗でした。もうそれくらい痛い!ネットで調べてみたらロキソニンは痔の痛みにも効くらしいとのことだったので、クローン病にはあんまりよくないとは分かっていつつもロキソニンを飲んで様子を見ました(結果、僕の場合ロキソニンは痔にはほぼ効きませんでした)

 

日本で処方してもらっていた強力ポステリザン軟膏+レスタミンコーチゾン軟膏の強力タッグで応戦していたのですが、動けるようになるまで2週間かかり、大学院の講義も何度か出席できず。。。友人はめちゃくちゃ心配してくれましたが、痔とは言えにくい+英語でどう説明していいのか分からん、こともあり、クローン病から来る腹痛で貫き通しました(笑)

 

やっぱり僕の場合、クローン病で一番怖い症状は「痔」です(´・ω・`)

腹痛がひどくなる度に「もう二度とこんな状態になるのは嫌だ」と思いますが、今回はその気持ちが特別強いですね。。。

あー次に痔の症状出たら……日本帰りたくなるだろうなー。