Better late than never

ダラダラした社会人生活を抜け出して、TESOL留学に向けて踏み出した人が、石橋を叩いて叩いて留学を実現するまでの話です。なかなかに優柔不断なので、ちょこちょこ決意が変わりますw

前期終了!

2014年最後の講義が12月中旬に終わってからの1ヶ月半。
Chrismas Vacationとは銘打ってありますが、大学院生は違うようです。

 

結論から言うと前期Essayで大敗しました。後期で同じミスをしないように、反省の意味を思いっきりこめて書き残しておこうと思います。

 

●12月2週目くらい〜年末まで
2014年最後の授業がEssay tutorialだったので、それぞれのモジュールのエッセイトピックは既に決定。リサーチすべき内容も読むべき本も大体あたりをつけたあったので、まーとりあえず出だしは順調かなーと思ってました。

前期の間、悩まされ続けた腹痛の症状も芳しくなく、精神的にちょっと下降気味だったこともあり、急に日本帰りたい病を発症し、日本に帰ることを検討することに…。時間も限られているので、経由便で節約することなく、Virgin Atranticの直行便で帰路につきました。

※ちなみにロンドン⇔成田はJAL, ANA, British Airways, Virgin Atranticの4社が運行していて、なかでもVirginは他と比べるとかなり安かったのですが、2015年2月1日で直行便を廃止してしまったみたいです。。。次、日本に帰るときはおとなしく経由便使うしかないわ(´;ω;`)

で、12時間かけて成田に到着。至るところにある自動販売機、温かい室内。半年ぶりの日本で感動したのはこの2点でしたw

実家で念願の温かい風呂と美味い飯、最高でありました(笑)やっぱ、くい慣れた日本食は美味いねー、Brightonでは寿司もラーメンも一応食えますが、日本のものとはやっぱり全然違いますわ。実家の富山と東京で羽を伸ばしすぎたため、エッセイに関してはほぼ進捗がないまま帰国。

 

●年末〜エッセイ提出まで
12月30日に帰国後、正月は多少ゆっくりするものの、1月2日からは本腰を入れてエッセイに取り掛かり始めました。しっかり充電したし、今から本腰入れても間に合うだろうとゆー激アマの考えでした。

 

そこからは地獄。僕の場合、睡眠時間を削ると起きていても使い物にならないので、睡眠時間は確保するものの、それ以外の時間はすべてエッセイに充てなければならないくらい追い込まれました(笑)

1月初め、2回目のEssay tutorialの時期。一つ目のエッセイトピックは自分の興味のある分野に思いっきり寄せたので、苦労はすれど楽しみながらDraftを書き終わり、Tutorに見せても反応は良好。Dissertation(修士論文)のテーマにも使えそうな興味深いテーマだとお褒めの言葉。

しかしここからが、問題。2つ目、3つ目のエッセイは方針が二転三転したこともあり、Essay Tutorialの時間取れず!!Draftを見せてfeedbackをもらう2度目のTutorialが受けられなかったのは痛い…。結果、個人的にはそれなりのものにはなったと思ってますが、時間さえあれば…というのが本音。時間さえあれば誰でも出来るってのはもちろん知ってますが、本当に悔しい。。。

自分の中の目安でしかありませんが、1日8時間やったとしてDraftを書き上げるまで1つのエッセイあたり約2週間。推敲・文法チェックに3つ合わせて2週間ってところでしょうか。つまり3つエッセイがあるなら2ヶ月くらいはかかると考えて良さそう。そして、前期終了からエッセイ提出期限までは1ヶ月半。つまり羽を伸ばしてる暇なんかはなかったということです(´・ω・`)

来週から後期日が始まります。ついでに前期の結果も帰ってくるみたいです。結果が怖いです、ホント。