Better late than never

ダラダラした社会人生活を抜け出して、TESOL留学に向けて踏み出した人が、石橋を叩いて叩いて留学を実現するまでの話です。なかなかに優柔不断なので、ちょこちょこ決意が変わりますw

引っ越しを検討中

最近、暑かったり寒かったりして気温差が激しくて、頭痛が止まりません。

持病の薬と併用できるってことで主治医に処方してもらったロキソニンも1年はもたなそう。どうっすかな。薬ばっかりはチャレンジするの怖いな。

 

さて、本題へ。今、引っ越しを検討中であります。

今住んでるのは大学のキャンパス内にある寮で、広さも値段も東京の家と同じくらい。(イギリスはは週ごとに料金が発生する仕組み)キッチンとリビングルームはブラジル人girls5人とタイ人girlとシェアしております。。。男は俺一人(笑)

f:id:Chiaki1007:20140805031344j:plain

- My private space.

 

前から思ってるけど、俺の行くところは大抵女性ばかり。高校は音楽コースがあるのと、制服が富山では珍しくブレザーって理由で女性多め。大学は英米文学科で女性7割、会社で一番長く所属していた部署は10人中男性3名…。

脱線したけど、そんな感じでPre-sessinal Courseが終わる9月末まではここで過ごします。ただ、その後どうしようかなーと。家は快適だし、大学のキャンパス内だから授業は30分前に起きても間に合うし、同じ大学に通う友達と仲良くなれるし、文句は特にないんですが、やはりちょっとお高めなんですわ。クラスメートの台湾人が一緒にフラットシェアしない?みたいな感じで誘ってくれてるので、ちょっと迷っておるわけです。

 

他のやつはどうするのか聞いてみたら、寮に残る人、出る人がちょうど半々くらい。ってことで調べました。いろいろと。

 

イギリスは家賃が東京並に高いです。En-suite(シャワー、トイレは共用じゃないタイプ)で探すとどうやっても£500(日本円で8万円)程度になっちゃいます。まーただ大体がfurnished(家具付き)なところが東京と大きく違うところかな。

で、次、光熱費。今の寮は電気もガスも水道もwifiも使い放題。テレビがないのが玉にキズだけど、まーそれは寮だしね(笑) 光熱費は季節でも地域でも大家さんとの契約でも異なるらしくいろいろ調べた結果「一概には言えない」が回答でした。ちょい多めに見積もって£50くらいとしとこう。wifiは大学が斡旋してくれるところなら基本的には無料で使えるらしいが、無料ってのが逆に怖い。ネット環境はキモなのに、貧弱なwifiしかつながってないとかだと話にならないのでwあとはcouncil taxとかゆー住民税みたいなのが発生するらしいけど、これはfull-timeの学生はほぼ免除になるらしい。

 

ここまで計算して思う。「そんなに安くねーじゃねーか」

寮:高い、大学に近い、住み続けるだけだから楽

アパート:安い、都市部に近い、引っ越し面倒くさい、美人の台湾人

アパート最大の利点、安いが消えてしもーた(´・ω・`);

 

というわけでこの文章書きながら、完全に「寮でいいや」方向に偏ってきてます。明日、相談せねば!!